リセラを使って二人の人の細胞情報を共鳴させると不思議なことが起ります。

もちろん別の人間ですから、その人格や体質に変化は起こりません。
母と子、父と子、夫婦、友人と。対ヒトはもちろん、ペットのわんちゃんや、ねこちゃんとも共鳴することが可能です。

一つ目はお母さんと子供の例です。
興味深いので次の方の体験談をぜひ読んでみて下さい。

中学二年になる娘がおります。 日常の些細なことでとにかく衝突ばかりしていてなんとか仲良くできないものかと思っておりました。松本のセミナーに山梨先生が来られた時に「娘さんと一緒に使うと仲が良くなるかもしれないよ。」と言われ、娘とお互いに手を重ねてリセラを使用してきました。すると3週間くらいたったころから仲が良くはならないのですが、 なぜ娘がイライラしているのかその理由のようなものが感じ取れるようになったのです。怒ったり不機嫌になったりの理由が分かったので関係をうまく保つことができるようになりました。不思議な体験ですが、今も続いています。試してみて本当によかったです。
気持ち通じてる1

【40代 ひのきの家さま】

母と昔の話をしたら、あの頃は何を考えているかわからなくて本当につらかった。と言っていました。
母がつらかったと言うように、私自身もどうして喧嘩のようになってしまうんだろう。伝わらないんだろう。と悲しかった記憶があります。
自分の子どもなのに、我が子の気持ちが全然わからなくて日々焦りを感じたり、イライラしたりしてしまう事ってあると思います。
親がそう感じている時、お子さんも同じように悩んでいるはずです。
自分ではない他人の気持ちを100%理解することは難しいですが、お互いが共鳴すれば、二人の感じる“良い”状態でいることは可能となります。
最近子どもとうまくいっていないな、口を開けば衝突ばかりで、悲しいな。気持ちをわかってあげられたら、子どもの気持ちも楽になるんだろうな。
そんな風に一度でも考えたことのあるお母さん、お父さんに共鳴を体験していただきたいです。

気持ち通じてる3

また、夫婦仲も良くなったというお話もよく聞きます。
先ほどの親子の話と同じように、夫婦だってお互いの気持ちを上手に感じ取れなければギスギスしてしまいますよね。
そういったお二人の仲のお手伝いもリセラはできるんですよ、不思議ですよね。

そして夫婦で一番多い感動体験が赤ちゃんを授かった!という例で、これはリセラならではの特徴が出ている現象です。

リセラは細胞がもつ固有の情報を伝えて、相手方との親和性を高めることができます。
このことが妊娠に直結するわけではありませんが、共鳴状態でいる二人のほうが確実に相互の受け入れがなされやすいと言えます。
共鳴状態と言われても、目には見えないし、体感もない状態なのでピンと来ない方もたくさんいらっしゃると思います。
ですが、お二人が転写をすることによって細胞レベルでの変化が起こっているという事は断言ができます。

実際、私たちへ相談があった妊活中のご夫婦にリセラを勧めてみたところ、後日「赤ちゃんが出来た。本当にありがとう。」という連絡がありました。
100%リセラのお陰とは断言できませんが、長い間子どもを授かれずに悩んでいたご夫婦がリセラの使用を始めたのちにご懐妊なさったという事は、私たちにとってもたいへん嬉しい事実です。

気持ち通じてる4

他にも、家族の一員としてペットを大切にされている方にとっては、その子たちと一緒に使えばより気持ちが通じ合ってきます。
ペットと過ごしている皆さまは1度は、この子とお話が出来たらどんなに嬉しいのだろう。と考えたことがあると思います。
ペットと言葉でお話をするのは難しいですが、きっとスキンシップをとる事で互いに気持ちを通じ合わせているんですよね。
リセラを使ってわんちゃん、ねこちゃんと共鳴状態になれば、共感しやすくなり、楽しみや苦しみをより深くわかってあげられるようになります。

使い方はとても簡単で、人間がペットの脚をもって一緒にリセラに乗せてください。
ペットの手を下に、上からやさしく包み込むような形でそっと手を添えてあげるイメージです。
あえて手を交叉させなくても効果はほぼ変わりません。

我が家の愛犬もリセラに両手をのせてあげるとうっとりした顔をして気持ちよさそうにしています。 気持ち通じてる5

【30代 女性】


気持ち通じてる2

この『通じ合う』というのは極めて概念的であり、対象も距離も様々なので非科学的かも知れません。
ですが、我々の細胞情報技術は仮説と検証の繰り返しでここまでやって参りました。

心、気持ち、感覚、などいろいろありますが、同じ空間で過ごす相手と『通じ合っている』という状態は心地が良いものですよね。
日々の暮らしが心地よいという事はヒトにとってとても重要で、大切なことだと思っています。

人にはまだまだ未知の可能性があると信じてみることに何も損なことはないはずです